神様がいるのなら~小林麻央さん

昨日小林麻央さんの訃報を知り、信じたくない思いと共に海老蔵さんの会見を見ていました。今朝起きた時から麻央さんを思う度に涙がこぼれ、正直まだ気持ちの整理が出来ていません。

麻央さんのブログを毎日チェックしていたので、20日の笑顔が忘れられません。
今も私の中で疼きもがいている感情は「NEWS ZERO」の村尾キャスターが言った「天の非情を感じます」に尽きるのです。

「天の神様へ」

何故お迎えの順番を守ってくれないのですか!
何故この世にいなくてはいけない人を迎えにくるのですか!

と心から叫びたいです、これが宿命なのだと言われても無念でなりません。
他人の私でさえこんなに悲しくやりきれないのに、ご家族を思うと言葉が見つかりません。

それでも受け止め、見送らなければいけないのですね・・・
麻央さんがブログに綴る言葉には強い意志と魂を感じていました、それは病と闘い生き抜くんだという想いと、この記録が誰かの役に立ってくれればという思い遣りの気持ちで溢れていました。

誰もが「治ってほしい」「生きていてほしい」と強く願っていた事でしょう。
そして何より麻央さん自身が「生きていたい」とどれほど深く想い続けた事でしょう・・・

叶わなかった遺志は私達に引き継がれたのです。
麻央さんはきっと笑顔でこう言っていますね、「今を大切にずっと笑顔でいてね」

麻央さんが生きた34年の人生に心からの賛辞と感謝を贈りたいと思います。
そしてあなたが愛した全ての人達が幸せである事を心から願っております。

・・・ 麻央さん、もう少しの間だけ涙するのを許して下さいね ・・・

小林麻央さんへ

あなたはいつも清く優しく、そして何より正直な美しさを放つ素晴らしい人でした。
心に刻まれる多くの想いを身を削りながらも残してくれて本当にありがとう!!

心よりご冥福をお祈りいたします。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。